松井秀喜 高校時代の悔しさをメジャーの地で返す瞬間に鳥肌 「夢を捨てない」

image

石川県が生んだ世界のスーパースター

松井秀喜という名前を聞いて知らない方はいないでしょう。「努力できることが才能である」という言葉を聞いた時は衝撃を受けたことを今でも覚えているサッカー好きスタッフの中出です。

(写真は高校サッカーですみません。)

 

松井選手といえば甲子園での5打席連続敬遠

松井選手の選手生命の中で必ず出てくるのが甲子園での5打席連続敬遠です。この出来事が彼を一躍有名にした事は間違い無いですが、彼にとって仲間と戦う夢の甲子園で勝負ができないことに対する悔しさは想像しがたいものがあります。

 

後打席連続敬遠された打者としてプロのステージで恥ない活躍を

彼の中にはこれだけ有名になった高校生がプロとしてどこまで戦えるのか?

そんな周りのプレッシャーと期待を感じていたと思います。プロ入り後の彼の活躍は言うまでもありません。ジャイアンツの4番として活躍し、ついに夢であるメジャーへ挑戦します。

その時、当時の原監督に告げた言葉が

「監督、申し訳ございません。どうしても夢を捨てることができません。メジャーに行かせてください。」

のちに、彼は「僕は野球に対してだけは、どんなことがあってもこれが好きなんだ、夢をかなえたいんだという思いを持ち続けてきました。」とコメントしています。まるで少年のように夢に対して純粋な気持ちを感じます。

 

メジャーの舞台は松井秀喜を少年にしてくれた

いつ見ても感動するシーンがあります。

それはヤンキース加入後初めての本拠地での試合です。

5回1OUT 二塁三塁で松井選手の前の打者が敬遠されます。

甲子園で5打席連続敬遠を受けたあの、松井秀喜が、、、

メジャーの世界では勝負される立場に立ったんです。

「松井なら打ち取れる。」

今まで感じたことのない、見たことのない光景でした。

でも、彼にとって真っ向から勝負される野球の楽しさをここで初めて感じていたのだと思います。

 

ここで終わらないのが世界の松井秀喜

この後、フルカウントまで持ち込んだ松井秀喜はなんと、ホームランを打ち、初本拠地でグランドスラムを達成します。

勝負を挑まれ、それに対して松井流で答える!

最高に感動するシーンでした。

あの時の敬遠が、メジャーの地で最高の歴史を生んでくれました。

 

自分の夢を追いかける。

あの時の苦い経験や挫折が肥やしとなり、乗り越えた先に喜びと、人々を感動させるドラマがあります。決してプロ野球選手じゃなくても、有名じゃなくても、夢を追い、喜びを感じ、誰か1人でも感動させられる存在でありたいですね。

 

今日は私たちと同じ石川県出身繋がりで偉大な方をご紹介しました。

1日のモチベーションになれば嬉しいです。

それでは

もっと素敵な明日へ、もっと輝く未来を

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

【お試し】KISLip キスリップ / 3個セット

二日酔い キスリップ

2,139円(税込)+送料300円