ペプチドとアミノ酸の違いから考えるプロテインを上手く摂取する方法

image

タンパク質の摂り方と摂取方法に新しい視点を

タンパク質のお話しです。

タンパク質と言えば、プロテインですね!

その他にもイメージ出来るものありますか?

スポーツ選手なら分かるかも?

そうです!

ペプチドやアミノ酸です!

 

わからない方に簡単に説明します!

これは分子の違いです。

タンパク質>ペプチド>アミノ酸

タンパク質が一番分子が大きく、体内で酵素の力によりペプチドに分解され、ペプチドはアミノ酸に分解されて始めてカラダの材料になっていきます。

つまり、アミノ酸が一番カラダに吸収されやすい最小単位の材料ということです。

だったらアミノ酸を摂取した方が良いよね!

タンパク質いらないじゃん!

となるのが普通ですが、市場にはプロテイン、ペプチド、アミノ酸、全ての商品が存在しています。

これはそれぞれ競技や使用シーン、目的に応じて使い分けることで大きな力を発揮するからなんです。

分子構造が大きいプロテインは無駄だね!じゃなくて、プロテインはプロテインの良さがあります。

 

プロテインはバランスの良い補給物

分子が大きくて意味ないと思われがちなプロテインですが、プロテインはタンパク質と一緒に必要なビタミンやミネラルも配合されているケースが多く、タンパク質単体で摂るよりもより効率的に体内で機能するために必要な栄養素が含まれています。

その為、大きな分子を分解するのに消化に負担がかかるものの、バランスよく栄養を摂取出来る点でとても優れている栄養補助食品です。

 

ペプチドはタンパク質よりも吸収に優れている

ペプチドはタンパク質よりも分子構造が小さいため分解も早く吸収に優れているといわれています。また、一方でアミノ酸よりも実はペプチドの方が吸収率が良いという研究まで出ています。アミノ酸の方が分子構造が小さいんですが、ペプチドには複数種類のアミノ酸が含まれているためその点で、アミノ酸よりも吸収が良いという意見もあるようです。

 

アミノ酸は競技中の助っ人

アミノ酸を競技中に摂取されることの多い栄養素の1つです。

競技中は今正にエネルギーを必要とし、日々消費していきます。そんな中でより早く体内にアミノ酸を取り入れて運動エネルギーに変換していくことが求められます。つまり、体内で分解工程を踏んでいる暇がないということです。

競技中は競技に全てのエネルギーを使用したいので消化エネルギーを使用する補給物ではなく、低分子化された物が有効です。

 

使用用途によって変わる プロテイン

いかがでしたか?

競技中はアミノ酸、競技直後のゴールデンタイムのケアにはペプチド、トレーニング後の食事、栄養補給にプロテインといったかんじでしょうか?使用シーンを考えながら補給物を決めるとより効率的なパフォーマンスやリカバリーが出来ますよ!

 

最後に、プロテインの消化・吸収を早める方法があります。

それは・・・

・・・

・・・

・・・酵素を摂ることです!

酵素を摂ることで消化に掛かる負担を軽減してくれます。

事実、海外のプロテインには酵素が入っているケースも多く見られます。

 

よりバランスの良い補給と消化に負担をかけない栄養吸収(←ココがライバルに差をつけるポイント!)を心がけたいですね!

それでは

もっと素敵な明日へ

もっと輝く未来を

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら