お酒が弱い人にオススメの飲み会での立ち振る舞い【ビールを注ぐ技術】

 

お酒が飲めない人でも社会人になるとお酒の席に同席する機会もありますよね。

その時に、お酒が飲めないからお酒の注ぎ方もわからない。

よりも、飲めないけど注ぎ方は「うまい!」方がいいですよね。

 

今回は、ビールの上手な注ぎ方をご紹介します。

 

お酒が弱いと、お酒に対する興味がないので、お酒の種類はもちろん、飲み方や注ぎ方も意識しないと知ることができません。

お酒の席で、最低限、ご一緒した上司などが気分良く過ごしてもらえるようにお酒の注ぎ方は覚えておいて損はありません。

お酒が好きな人も、上手に入れてもらうと、お酒の味が変わるのでオススメです。

それでは早速見てみましょう!

 

ビールの美味しい注ぎ方

参照「サントリー公式チャンネル (SUNTORY)」youtube

グラスのそこに向かって勢いよく泡を立てながら注ぐ

げっ!泡だらけじゃん!」と思うかもしれませんが、泡を作ることが大切です。

泡を立てたら、泡が落ち着くまで、少し待ちましょう

 

参照「サントリー公式チャンネル (SUNTORY)」youtube

泡が落ち着いたら、グラスを傾けて泡をくぐらすように注いでいきます。

泡とビールが3:7の割合になる最高です!

 

大切なポイント

参照「サントリー公式チャンネル (SUNTORY)」youtube

お分かりの通り、この注ぎ方は飲み会ではちょっとアレンジが必要です。

飲み会で、上司が持ってくれているコップにビール瓶などで注ぐ時。

「泡を立てて、しばらく待つ」この行為は出来ません。

なので、泡をそれほど立てずにスグに泡をくぐらすように注いであげると良いと思いますよ!

プロのビールの注ぎ方を参考にご自身でアレンジしてみてください!

 

 

※今回ご紹介した動画は「サントリー公式チャンネル (SUNTORY)」様の貴重なyoutube作品です。

 

 

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら