【お酒が弱い人は遺伝子レベルで対策を考えよう!】アルコール遺伝子検査結果を発表

遺伝子結果はレッドカード

 

今回は、お酒が弱い私のアルコール遺伝子検査の結果をご報告します。

 

私は、ビール1杯で顔が真っ赤になり、2杯で辛くなります。

お付き合いの席は楽しいけど辛い・・・。

私のようにお酒が弱い人は結構多いんじゃないかな?と思います。

 

なので、今回は・・・

どうして私はお酒が飲めないのか?

対策はないのか?

について、アルコール遺伝子検査を行なった結果を元にご紹介します。

私みたいな人は自分と重ね合わせてみてくださいね!

 

 

遺伝子検査<ジェノタイピスト>

アルコール遺伝子結果レポート

 

自分の体質がアルコールを受け入れられる体質かどうかをチェックするキットがあります。今回はこれを使って調べてみました。

 

まず、この時点で私はお酒が弱いのは「遺伝子で決まっている」という絶望感を喰らいます。笑

 

この検査は誰でも簡単に調べられるお取り寄せキットなので興味がある方は調べてみてください。

詳しくは以前、試験方法についてブログを書いてますのでご覧ください。

>>>http://kislip.jp/liquor-beauty-health/2175/

 

 

アルコール遺伝子検査の結果

遺伝子結果はレッドカード

 

まず・・・私の検査結果は

「お酒を受け付けない完全下戸タイプ」(RR2型)でした。

ちなみに、一緒に受けた女性は「ついつい飲みすぎちゃう大酒飲みタイプ」でした。(苦笑)

私は想像通りの結果ですが、大切なのはその理由です。

 

 

2つのアプローチでご説明

①お酒の分解に必要な2つの酵素

お酒の分解過程

 

ADH1B(アルコール脱水素酵素)がアルコールを分解してアセトアルデヒドに変換する

ALDH2(アルデヒド脱水素酵素)が毒性成分アセトアルデヒドを毒性のない酢酸に変換

お酒を分解するためにこれら2つの酵素が不可欠です。

 

②遺伝子検査でわかったこと

遺伝子検査をすると、2つの酵素がどういう状態かがわかります。

 

ADH1B(アルコール脱水素酵素)には3つのタイプがある

・高活性型    アルコール分解が速い

・活性型        アルコール分解がやや遅い

・低活性型    アルコール分解が遅い

 

ALDH2(アルデヒド脱水素酵素)には3つのタイプがある

・活性型の人        毒性の分解能力が高い

・低活性型の人    毒性の分解能力が低い

・非活性型の人    毒性の分解能力が非常に低い

毒性=アセトアルデヒド

 

 

私の酵素の能力結果

私の体内酵素の能力結果

 

ADH1B(アルコール脱水素酵素)

<活性型>

アルコール分解がやや遅いのでお酒が体内に滞留しやすい体質です。

 

ALDH2(アルデヒド脱水素酵素)

<非活性型>

アセトアルデヒドの分解能力が非常に低いので、アセトアルデヒドが肝臓に長く蓄積してしまう体質であるため、本来体質的にはほとんどお酒を受け付けません

そのため飲酒により、顔が赤くなったり動悸も早くなったり、気持ち悪くなったりします。

まれに飲酒を継続すると、健康障害を招いてしまうタイプなので、このタイプで飲酒習慣がある方は、即刻断酒すべきです。

 

という結果をいただきました。

 

 

結果を踏まえて

はい。

断酒するのが一番です。

せめて、毒素成分アセトアルデヒドの分解能力がもう少しあれば・・・と思いますが、

こればかりは肝臓をどう鍛えても、遺伝子の問題です。

ウコンを飲んだところで・・・

ということです。

 

 

まとめ

今回の遺伝子検査を踏まえて、私が遺伝的にお酒を分解する能力と、毒性成分アセトアルデヒドの分解能力が弱いことがわかりました。

遺伝子の問題であり、お酒を飲んで鍛えればなんとかなるという問題ではなさそうです。

とはいうものの、そんな私がお酒を飲む際に必ず対策していることがありますので、そちらをご紹介します。

 

 

 

対策:無いものは外から補う

 

遺伝的に作れないものは補うという発想!!

体内で作れないものは「補ってみる」というコンセプトでお酒にアプローチできる商品があります。

 

それが・・・

乾杯酵素サプリメントキスリップ」です。

 

お酒を酢酸に変えてくれる酢酸菌由来の酵素に着目し、酵素がたくさん含まれた酵素サプリメントです。

私のような酵素活性が非活性な方オススメです。

キスリップについてはこちら

【お酒が弱い人は遺伝子レベルで対策を考えよう!】アルコール遺伝子検査結果を発表

 

私と同じように顔がすぐ赤くなる人は、断酒するのが1番ですが、無理な場合は是非一度キスリップを試してみる価値があるかもしれませんよ!

 

自分が不足しているものに「気がついた」という意味で、今回の遺伝子結果は有益な検査になりました。

是非、参考にしてみてください。

 

 

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら