【お酒が弱いか強いか】アルコール遺伝子検査でお酒に弱い or 強い遺伝子かわかります!

アルコール分解過程

2週間ほど前の事ですが、社内でアルコール遺伝子検査を実施しました。

アルコール遺伝子検査と言うのは、遺伝子を検査することでアルコールが強い弱いがわかるという検査です。

アルコールに強い弱いは肝臓じゃないの?

と思われるかもしれませんが、肝臓ではなく、アルコール分解酵素とアセトアルデヒド分解酵素を作り出すことが出来る体かそうでないか?によって変わります。

つまり、生まれながらにして運命は決まっているんです。

だから、遺伝子を検査することで、自分の体質がお酒とどの様にお付き合いした方が良いのかがわかります。勿論、お酒は飲まないに越したことはないですが、そうは行かないのが現代なので、体質を知ってケアをする術を持つことが健康維持に繋がります。

 

遺伝子検査1

ということで早速、検査開始!!

食後3時間以上、

口の中を清潔にしてからキットを使用します。

 

遺伝子検査2

頬の裏の粘膜を綿棒でゴシゴシ。

左右10回ずつ擦ります。

 

遺伝子検査3

粘膜を擦った綿棒が、どこにも触れないようにして、

専用のケースにしまえば完了です。

 

後は検査機関に郵送して結果を待つのみです。

実施してからそろそろ2週間が立つので届いてもおかしくない時期になりました。

結果はまたご連絡しますね!

乞うご期待下さい!

 

検査の結果はこちら

【お酒が弱い人は遺伝子レベルで対策を考えよう!】アルコール遺伝子検査結果を発表

 

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

【お試し】KISLip キスリップ / 3個セット

二日酔い キスリップ

2,139円(税込)+送料300円