• HOME
  • お酒が弱い

お酒が弱い人のための対策まとめ

日本人の2人に1人がお酒が弱いタイプと言われています。

一方で、お付き合いで飲酒する文化もあるのが日本です。

お酒が弱い人の中には、「もう少しお酒が飲めるようになりたい」「顔が赤くなるのが恥ずかしい」など何か良い対策はないか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、

「どうしてお酒が弱いのか?」その原因と対策までをまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

 

ビールジョッキ1杯で顔が真っ赤になって飲めなくなる「お酒弱い人代表」の私がお届けいたします。

最後まで読んで頂き、飲酒が少しでも楽しい時間になれば嬉しいです!

それでは、早速。

 

なぜお酒が弱いのか?

(1)「その理由はお酒が弱い人と強い人の遺伝子の違い」

お酒が強い人と弱い人の決定的な違いがあります。

それは、遺伝子の違いです!

よくお酒が強い人は「肝臓が強い」なんて言われますが、着目すべきところは肝臓ではなく、お酒を分解するために必要な「酵素」を遺伝的に持って生まれたかどうかです。

先ずは、お酒が弱い原因となる「酵素」についてチェックしてみましょう!

お酒が弱い人と強い人の遺伝子の違いとは?

 

(2)お酒が弱い原因を明確にする検査方法

(1)でお酒が弱い原因は、肝臓ではなく、お酒を分解する「酵素」を持っているかどうか?というお話をしました。では、実際に自分がどの遺伝子タイプを持っていて、飲酒した際にどんな状態になりやすいのか?より詳しくお酒が弱い原因を調べる方法があります。

自宅で簡単にできる遺伝子検査です。

私も実際に調べてみましたが、予想していた通り「アセトアルデヒド分解酵素」の能力が低いタイプでした。

意外だったのは「アルコール分解酵素」の能力は持っていた事です。

遺伝子検査をしてみると、結果と一緒に細かい解説まで文章にして返してくれます。さらには、体質に合わせたカードが同封されています。私の場合はもちろん、「あなたはお酒が飲めません!」とうレッドカードでした。(笑)

本当に気になっている人は自分の体質を知るためにも調べてみるのも1つの手ですよ!

遺伝子検査のやり方から結果報告までこちらの記事でご紹介してますので、チェックしてみてくださいね!

お酒を分解する遺伝子の検査の方法はこちら

 

(3)お酒が弱い原因がわかったら納得できる県民性

沖縄の人や九州の人はお酒が強いというイメージを持たれている人も多いのではないでしょうか?

ここまでご説明してきた中で、お酒が弱い理由は遺伝子にある事がわかったと思います。お酒が弱い原因が遺伝子となると県民性によってお酒の強い弱いが別れてくる理由が少し理解できるようになります。

少し歴史を振り返りながらご紹介しますが、ご自身の出身地の県民性からお酒が強い弱いのルーツを探ってみましょう!

自分が生まれた土地がお酒が強い土地だったとしても、お父さんやお母さんのルーツ、お爺ちゃんやお婆ちゃんのルーツがお酒が弱い土地の人だと、その土地のルーツに影響を受けている可能性がありますよ!

こちらに、詳しくご紹介しておりますので、家族やお友達とルーツを辿ってみてください。

都道府県によってお酒の弱さ・お酒の強さが違う?

 

お酒が弱い人は損をするのか?

もう少しお酒が飲めればなぁって思う瞬間

ここで少し、箸休め、お酒が弱い人ならではのデメリットを共有、共感できればと思います。

お酒が飲めるようになりたい!と思う気持ちには理由があると思います。

私自身「もう少しお酒が飲めたらなぁー」って考えたことは沢山あります。

皆さんはどんな時に「もう少しお酒が飲めたらなぁー」って思いますか?

正直、お酒が飲めるようになるだけでも、人生や性格、行動も変わってくる可能性があるのではないでしょうか?

実際にお酒が飲めるようになって「人生変わった!」っていう声も聞いた事があります。

自分が最も「嫌だなぁ」って感じる瞬間をチェックしてみましょう。

お酒がもう少し飲めるようになりたい・・・

 

お酒が弱いからこそ身につけておきたい技

お酒が弱い私ですが、お酒の場の雰囲気は好きな方です。

なので、お酒が飲めない事に対して、相手はどう思っているのかなぁって思うこともありました。

だから一緒にお酒のお付き合いができない分、相手には気持ちよく飲んでもらいたいなって思う事が良くあります。

そこで、社会人になって真っ先に覚えたのがビールの注ぎ方です。

様々なシチュエーションでビールを注がなければならないので、泡を立てて注ぐビールの美味しい注ぎ方をマスターしておいても、実際は会話の中で素早く注いであげることが大切だったりします。

それでも、時間があってゆっくり注げる時は美味しいビールを注げるよう練習しておくと良いと思います。

ということで、こちらにビールの美味しい注ぎ方をご紹介します。

ビールメーカーさんが丁寧に教えてくれてますよ!

お酒が弱い人は最低限押さえておきたい技術ですね。

お酒の弱い私が真っ先に身につけたビールの注ぎ方

 

お酒が弱い人にオススメのお酒

お酒が弱い人はお酒の知識も少ない人が多いのではないでしょうか。

お酒は飲まないかもしれないが、美味しいお酒は知っている。あの人が好きなお酒も知っている。お酒のウンチクも知っている。そんな人はたとえお酒が弱かったとしても、会話についていくことができます。

なので、お酒の知識を持っておく事は結構役に立ちます。

しかし、お酒が弱いとついつい頭に入ってきません。そこで、自分が良く飲むお酒の事について最低限、会話ができる状態であると良いですよね。

たとえば、私であれば、ビールのあとは梅酒に切り替えるのが飲酒時の習慣です。

なので、梅酒のことについて調べたりします。

お酒が弱い人にオススメ梅酒もあるんですよ。

お酒が弱い人にオススメの梅酒について

 

お酒が弱い人は骨折しやすい?

こんな情報が流れてきたら、お酒が弱い私はついついチェックしてしまいます。

これまでスポーツもやってきましたが、骨折をした事はありません。社会人になって、お酒を飲むようになってからも骨折したことがありません。

がしかし・・・

慶應義塾大学医学部の研究発表によると、お酒を飲んで顔が赤くなる人は、ならない人と比べて2.48倍骨粗鬆症になるリスクが高まると発表しています。

どうも、内容を読んでみるとコチラも「酵素」が関連している様です。

お酒が弱いことと、骨折がどのように関係しているのでしょうか?

チェックしてみてください。

お酒が弱いことと、骨折の関係

 

自分の限界を知っておこう!

「お酒が弱い」と言ってもレベルは人それぞれで、体への出方も人それぞれですよね。

頭が痛くなる人、気持ち悪くなる人、顔が赤くなる人、1杯は飲める人、2杯飲める人、顔は赤くなるがお酒は結構飲める人、上記でご紹介した遺伝子検査でも複数種類のタイプがある様に「お酒が弱い」と言っても人それぞれ異なります。

そんな中で、お酒は弱いんだけど比較的量を飲むのは辛くない。

でも飲んだあとや二日酔いが辛い。

そんな人のために飲み過ぎのバロメーターを調べる方法をご紹介します。

 

とても便利な携帯の無料アプリがあるんです。

飲んだ量をアプリに入力するだけでアルコール分解に必要な時間を教えてくれます。

このアプリケーションを使って事前に自分がどれくらいの量のお酒を飲むとどれくらい分解に時間が掛かるかを把握しておくことで、飲酒時のバロメーターとして使うことが出来そうです。

例えば、「バロメーターである5杯飲んじゃったから、そろそろ控えなきゃ翌朝まで分解に時間がかかってしまうぞ」とかね。

自分の限界を知るためのおすすめのアプリはこちら

 

お酒が強くなる方法はあるのか?

さぁ!

お待たせしました!

ここからが一番重要な内容になってきます。

これまで、(1)〜(3)の文章でお酒が弱い原因を明確にしてきました。

肝臓ではなく、遺伝的影響を受けている「酵素」でお酒が分解できていない事が明確な原因でしたね。

 

それでは、この原因を解決し、お酒を楽しく飲むための具体的な対策はあるのか?

それにつてご紹介していきたいと思います。

 

無理に飲んで、肝臓を鍛えない!

お酒が弱い私も、これまで様々なアルコール対策を試してきました。

ウコンをとったり、サプリメントをとったり、飲む前に食事をしたいり、牛乳を飲んだり、本当に様々なことをしてみました。

でも結果はあまり変わらず、いつの日かただの気休め程度な行動を沢山していました。

そんな中でも、お酒が弱い原因がはっきりするとやるべき事が見えてきたりするものです。

原因に目を向けて対策を考えてみました!

そしたら・・・

これまでそんな事、聞いた事もなければ、言われた事もない。

でも、よくよく考えればそういう事なんじゃないか?という結論に行き着きました。

その考え方が、コチラに書いてある「無い物は補えばいい」でした。

お酒が弱い私がたどり着いた対策とは

 

ウコンでの対策はちょっと待った!

何気なく、まるで気休めのように、お酒を飲む前にウコンを摂取していませんか?

お酒が弱い私の場合、ウコンは摂取しても変化がありません。もちろん、中にはウコンを摂取する事で体が楽になる人がいるのも事実だと思います。

しかし、私の様にウコンを飲んでもあまり効果を感じない人も多いのは事実だと思いますので、なぜウコンを飲んでも効果を感じないのか?お酒が飲める様にならないのか?

ウコンが効果的な人とそうじゃない人の違いは一体なんなんだろうか?

そんな疑問と向き合った記事をご紹介します。

ウコンはどんな人が効果あるの?

 

お酒が弱い人が開発したサプリメント

これまで「無い物は補えばいい」という話をしてきましたが、補えるものがなければ補う事が出来ませんよね。

当たり前ですね。

そこで、コチラでご紹介する記事では、その「補えるアイテム」をご紹介します。

面白いのが、お酒が弱い人達が作ったアイテムであるという事です。(笑)

お酒が弱い人はお酒が弱いなりの悩みを抱えています。それは人それぞれで、でも多くのお酒が弱い人はもう少しお酒が飲めたらなぁーって思っていると思います。

そしたら、どんな世界が広がるんだろう?

そんな悩みや希望を抱えたお酒が弱い人達が作ったサプリメントをご紹介します。

お酒が弱い原因に目を向けながら作ったアイテムでもあります。

これで、補ってみてください!

お酒が弱い人が開発したサプリメントはこちら

 

酵素を補う!酵素サプリメント活用事例のご紹介

ここでは、お酒が弱い人のサプリメント活用事例をご紹介します。

仕事上でのお付き合いの時、プライベートで楽しみたい時、シーンによってお酒の飲み方や楽しみ方は異なります。

だから、対策もシーン別にご紹介します。

参考にしてみてくださいね!

酵素サプリメントの活用方法はこちら

 

お酒を飲むと顔が赤くなりやすい人は気をつけて!

お酒が弱くて、すぐに顔が赤くなる人は、どれだけ楽しく飲めても、体のケアには気をつけておく必要があります。

本来であれば、体がお酒を受け付けない体質であることは忘れてはいけないと思うんです。

お酒を飲めば必ず毒性成分のアセトアルデヒドが発生します。このアセトアルデヒドは二日酔いになるならないに関わらず、毒性成分だけあって体に悪影響を与える物質です。

二日酔いだけでなく、健康被害にも関与してくる物質なので注意が必要ですよ。

お酒を飲むと顔が赤くなりやすい人は要注意

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

私もお酒を飲み始めた時からとても苦労しました。

「もう少しお酒が飲めたらなぁ」と何度思ったことか。

それでも、遺伝子検査を行い、自分にはアルコールを分解できる酵素を持っていないことを知り、飲酒時の対策も変わりました。

 

それでも世の中にはまだまだお酒が弱くて悩んでいる人が沢山います。

持って生まれた遺伝子だけど、一生懸命お酒を飲んで強くなろうとしている人もいれば、気休めの様に様々な対策を行なって、何か良いものを探し求めている人もいます。

 

今回長文に渡ってご紹介してきましたが、この内容が、お酒が弱くて悩んでいる人の何かヒントになり、「人生が変わった」という様な声が少しでも聞ければ嬉しいです。

 

是非参考にしてみてください。

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

【お試し】KISLip キスリップ / 3個セット

二日酔い キスリップ

2,139円(税込)+送料300円