肝臓の酵素“PEMT”が働かないと肝疾患に

IMG_6082脂肪肝

お酒を飲まない人でも、肝硬変や肝がんになる恐れあり

肝臓疾患と聞けば、お酒を飲む人というイメージがありませんか。

お酒を飲まない人でも脂肪分の摂りすぎが原因で脂肪肝を発症したり、

非アルコール性脂肪肝炎になるらしいです。

アルコールを飲まなくても、脂っぽい料理ばかり食べている方、

要注意ですね。

ここで関係していたのが、肝臓の酵素“PEMT”の量

PEMTの少ない人に、脂肪肝や脂肪肝炎が発症しやすい傾向があった

と岡山大学の消化器内科受診患者の肝臓組織の調査で分かったという。

 

同大学の糖尿病学のチームは、次のようなマウスの実験を行ったそうです。

通常のマウスPEMTを働かないようにしたマウスに、高脂肪・高糖分を与え飼育したところ、

PEMTが働かないマウスは早期で非アルコール性脂肪肝炎になったという。

この発見により、今後治験薬が開発されるかもしれません。

商品の購入はこちら

この記事を書いた人

KISLpスタッフの写真

KISLipスタッフ

酵素をこよなく愛し、酵素の良さ、大切さを、日本と世界に発信しています。

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

【肝臓の解毒作用】肝臓の働きから見つめ直してみよう!【肝臓とお酒の関係】飲酒による肝臓への負担やダメージ【肝臓を休ませるにはまず禁酒】今ならまだ取り戻せます!お酒の怖さは私たちの肝臓に潜んでいる肝臓にウコンって効果的なの?

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

【お試し】KISLip キスリップ / 3個セット

二日酔い キスリップ

2,139円(税込)+送料300円