英科学誌ネイチャー掲載 乳幼児715人検証した研究データ|スマホやタブレットが睡眠に与える影響

英科学雑誌「ネイチャー」に、スマホやタブレットの使用で乳幼児の睡眠への影響が見えてきた

2017年4月13日に雑誌「ネイチャー」に掲載されていた研究データを簡単にご説明

生後6ヶ月から3年の乳幼児715人に対してタッチパネル式の端末を使用してビデオやゲームを1日平均25分行った場合の睡眠時間に与える影響をけんきゅうしたところ、タッチパネル式端末を使用して何らかを視聴していた乳幼児のグループが1日あたり6分、睡眠時間が短くなったという発表がされました。

詳しくはこちら

>>>https://www.nature.com/articles/srep46104

 

たかが、6分、されど6分

スマホの普及に伴い、睡眠前はスマホの利用を控えないとブルーライトが睡眠の質に影響を及ぼす。など睡眠前のスマホ利用を懸念する話や情報を耳にする機会も多くなってますよね。そんな中で、乳幼児がスマホやタブレットに触れる機会も増え始め、子供への影響を懸念する気持ちもよくわかります。

そんな中で、今回の様な研究結果はたかが6分と言えども、睡眠に影響を及ぼしているとすれば、成長期である子どもの事を考えると、使用を控えたくなります。

ただ、タブレットやスマホでアニメを見せている間は泣かない。など、子供を上手くあやしたり、子育てに上手く使用している方も多いと思うので難しいですよね。

睡眠の質には影響を及ぼさないとされているようですが、寝る子は育つという子供の事を考えると悩ましいですね。

そんな事を考えてしましました。

 

それでは、

もっと素敵な明日へ!

もっと輝く未来を!

 

 

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら