ランニングのメリット!体力づくりやダイエットだけじゃない!

ファッションもランニングを楽しく継続するための秘訣!

ランニングの効果をご紹介!

ランニングには脳の活性や精神安定の効果があることをご存知でしたか?

ゆっくりジョギングでもOKです!

 

脳の活性

脳を鍛えるにはランニングが最も効果的です。

適度に心臓に負担がかかる有酸素運動によって、脳内が新鮮な血液で満たされ脳細胞が増える。また、足は体の中でも感覚器が集中しており、走る時に筋肉を動かすことで感覚器が信号を出し脳が活性化される。

特に、反応が大きいのが「海馬」と「前頭前野」です。

 

認知症やアルツハイマー病、うつ病の予防にも効果あり

「海馬」は、記憶に関するとても大切な働きをしています。

また、欲望やストレスに関係する視床下部という部分をコントロールしています。

【海馬を鍛えることは、記憶や学習に良い。ストレスの耐性も強めることが出来る。】

「前頭前野」では、考える、計画する、決断する、推理する、といった行動が行われており、分析や判断、集中力に関係しています。

【前頭前野を鍛えることは、頭の回転が速くなる。認知症やうつ病の予防や治療にもなる。】

 

仕事の効率UPにも繋がる

脳が活性することで、判断力や決断力、コミュニケーション力の向上、そして物忘れを防ぐことが出来れば仕事の効率も上がりそうですね。

一流企業の社長や経営者にはランニングや運動を習慣にしている人も多いそうです。

 

精神安定の効果

ランニングによって脳内ホルモンのセロトニンやドーパミンが分泌されます。

幸せホルモンセロトニン

精神を安定させ、幸福感を生み出す。気持ちを前向きにしてくれる。自律神経を整える働きがある。また、夜になると睡眠ホルモンメラトニンに変化し、寝つきを良くしたり、睡眠の質を向上させる効果も持っている。

モチベーションを司るドーパミン

意欲や快感を司り、運動調整の機能を持つ。

ドーパミンは快感を覚えた行動を記憶させる働きも持っており、それらの行動を積極的に行うように動機づける役割を担っている。モチベーションを生み出す精神物質といえる。

脳内ホルモンの分泌により、気持ちが前向きになり意欲が湧いてくるなど、精神面で変化が得られます。

 

精神的にも身体的にも健康になれる

脳の活性や脳内ホルモンの分泌によって自律神経も調節されます。

ストレスが軽減されリラックス効果がある他、代謝を上げる効果もあるので、ランニングによって精神的にも身体的にも健康になれます。

 

今まで全く走っていない人や運動をしていない人は、ウォーキングやゆっくりジョギングすることから始めてみるのが一番です。ランニングの様々なメリットを知って、週に2,3回でも少しづつ徐々に走る習慣を身に付けたいですね。

 

それでは、

もっと素敵な明日へ!

もっと輝く未来を!

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら