フィットネスを始める理由は人それぞれ!でも成功する理由は1つ

img_7370

あなたにとってフィットネスとは何ですか?

答えは人それぞれだと思いますが、良かったら考えてみて下さい。

「あなたにとってフィットネスとは何ですか?」

雑誌Woman’s SHAPE&SPORTS vol.13の表紙に書かれていたので質問してみました。

「あなたにとってフィットネスとは何ですか?」

 

時代と共に求めるものにも変化が起きてきているのか?

ビジネスの世界では大量生産の時代は終わり、質の時代になっているとよく言われます。

どの商品をとっても品質がそれほど変わらなかったり、質が全体的に高くなり、プライスで勝負をする世の中になっていますが、雑誌を読んでいく中で感じた事ですが、「量と質」の様にトレーニングやフィットネスにも2つの存在があると思いました。

1つは「目標を持ち、自分に厳しく、ストィックに!」

2つは「とにかく継続すること!無理せず、楽しく!」

 

イメージでこの2つを見ると、①はアスリート(トレーニング)②はフィットネスというイメージが湧くのは私だけでしょうか?

 

アスリートの世界にも②は存在する

「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように、好きだから上達し、強くなる、結果としてプロやアスリートとして活躍する選手が沢山います。

もちろん、そんな選手が辛いトレーニングをしていない訳では無いと思いますが、自身が大切にしているのは楽しさだったり好きという感情だったりします。

その結果、練習や取り組みの質が高まるんだと思います。受け身でない姿勢だから。

 

でも結局①も②も同じ

①も②も見方は違えど結局同じだと感じています。

ストイックに自分を追い込むことができる人は①のスタンスで何かに挑戦すればいいと思うんです。結果的に「ストイックな自分が好き」、「ぐんぐん成長できる達成感が好き」という好きという感情が生まれ、継続につながる。

楽しいのが好きだという人は②のスタンスで良いと思います。

先ずは始める楽しさを知ること、無理をしないこと、この延長線上に継続があり、いつしか周りから見たら「すごいね」に変わるんだと思います。本人はすごいと思っていないのに。

例えば、ジムが楽しくて週に4回行っていますって言ったら普通の人は驚きますよね?

「すごい」っていいますよね。

でも本人は好きで行っているだけ、楽しいからいっているだけ、なんです。

結果的にストイックってイメージになるんですね。

 

だから何が言いたいか?

というと、冒頭で質問した「あなたにとってフィットネスとは何ですか?」という質問の答えが人それぞれであるように、フィットネスやトレーニングへの取り組み方も人それぞれであって当たり前だということです。

ジムに行ったらストイックであるべき!

と思っていませんか?

「こうあるべき」「しなきゃいけない」という言葉は楽しくないですよね。

楽しさを見つけてみて下さい。

もしくは、好きになれるように取り組んで見て下さい。

「好きこそ物の上手なれ」です。

そんな事を雑誌を読みながら考えていました。

 

もっと素敵な明日へ!

もっと輝く未来を!

 

 

 

 

 

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら