今日食べた食事は正しいのか?間違いなのか? チェック方法は昔の食卓と比べること

image

今日の食事は何を食べましたか?

1日の食事を振り返る機会って意識していないとなかなありません。

普段からBody Make している方であればしっかりと管理させているのですぐに出てくると思いますが、そうでない人は思い出すのもちょっと時間がかかるかもしれませんが、ちょっと思い出してみてください。

 

今日食べた物の中で100年くらい前の食卓にも並んでいたであろう物はありますか?

どうですか?

ありますか?

全部あります!って方はまずいないんじゃないでしょうか?

洋食が圧倒的に増え、昔とは随分と食生活が変わったことに改めて気が付きませんか?

昔ながらの食事だったとしても、その野菜や果物は昔のような栄養価が高くいものですか?

 

現在の日本の健康は卓上で決められている

現代の栄養学は日本食品標準基準成分表と言われる熱量と栄養素を基準として1日に何をどれくらい摂った方が良いという基準の中で栄養・健康を管理しようとしています。

でも、私たちの体は個人差があります。

この基準を守っていれば病気にならないか?

そうではないと思います。

 

問題は昔と今の違いにある

どれだけ1日の必要栄養素をカバーする食事やサプリメントを摂取していたとしても、安価で便利な食事やサプリメントを摂ることで、栄養素と同時に体にあまり良くないものを摂取することになります。

今日食べた野菜はどこで?誰が?何をつかつて?どんな気持ちで?作った野菜ですか?

農薬は使われたのかな?遺伝子組み換えじゃないかな?畑の土は汚染されていないのかな?

様々な疑問が浮かびます。

それだけでも同じ野菜でも今と昔とでは大きく違います。

 

体が食べたくないものと脳が食べたいものは違う

身近で食べたいと思うお菓子やラーメンは体が食べたくないものだったりします。

脳の欲求だけに答えていると体が食べたくないものを食べ、体が悲鳴をあげる可能性があります。

そんな危険信号の多くは消化器官から始まります。

消化酵素の無駄遣いにより、胃炎や胃潰瘍、胃がん、肝臓などです。

アルコールの分解酵素を持っていない人がお酒を飲みすぎると、肝臓がやられるのは無理もありません。

つまり、体に良くないものを食べると消化酵素が大量に消耗されるということです。

 

日頃から体の声に耳を傾け、消化器官の悲鳴に気づいてあげられるようにしたいですね!

体が欲する声に応えてあげる食事ができることが、本当の意味での食の幸せであり、食の楽しみなのかもしれません。

 

それでは、

もっと素敵な明日へ!

もっと輝く未来を!

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら