抗酸化ならぬ抗糖化生活。甘いもの摂りすぎていませんか。

AGEIMG_6108

AGE READER検査で糖化年齢を測定してもらいました。

この検査では、体内に蓄積したAGEs:最終糖化生成物を測定できます。

つまり、こげついた物質です。

からだの中の様々なたんぱく質が、食品や飲料から入ってくる「糖」と結合して変性して、だんだんとこげついていくのです。

このこげつきの蓄積が増えると、老化を促進し、様々な病気を引き起こすと言われています。

今の自分の糖化年齢と、健康寿命が丸裸に。知りたいような知りたくないような検査ですね。

しかももっとショッキングな実態が。糖化年齢は下げることが出来ないらしいです。

人生と一緒でリセットはないらしくて、例えば度糖化年齢が40歳になると、

その後ゆっくりと歳をとることは出来ても、30歳に若返ることは

できないということです。

気になる結果は、年齢よりちょっと上。

抗酸化だけじゃなく抗糖化が必要

①食べる順番は、生野菜から。最後に、たんぱく質を。

コース料理の食べ方をすればいいんです。これは有名な話ですよね。

最初から、たんぱく質を摂ると血糖値が急激に上昇するので、糖化を抑えるに最後に摂りましょう。

②大好きなスイーツ控えましょう。

スイーツ女子、スイーツ男子という言葉があるように毎日でも甘いものが食べられている現代。

コンビニにも何十種類のスイーツが販売されていますよね。

でも、毎日食べていると糖化は進むばかり。

今月の文藝春秋で、からすま和田クリニック院長の記事にも、クリニックにやってくるがん患者さんは、甘いものや乳製品を大量に摂取している人が驚くほど多いとのこと。

③食後にウォーキングをすること。

食べた後、横になったり、ゴロゴロしたりしてませんか。ウォーキングで血糖値の上昇を緩やかに。

今日から、抗糖化生活を始めてみませんか。

 

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら