「生」ビールとKISLipの意外だけどものすごく深い関係

ビール

生ビールの豆知識を明日の飲み会で使いませんか?

生ビールは何故「生」と呼ばれるかご存じですか?生ビールの「生」は加熱をしていない事を意味します。ビールを作る際には酵母菌を使ってアルコール発酵を行いますが、この酵母が生きたままだと、糖分とくっついてアルコールと炭酸ガスに変化していきます。しかし、いずれ糖分がなくなると酵母菌も死んでいきます。死んでしまった酵母菌は澱(オリ:沈殿物)となってしまいます。その為、一昔前までは熱処理を加えて酵母菌を熱殺菌していました。しかし現代ではろ過技術を用いることで熱処理を加える前の味をキープする事が出来るようになりました。これが「生ビール」です。KISLipは酵母菌や乳酸菌、酢酸菌などと一緒ににこれら微生物が産みだした酵素が生きた状態で入っています。つまり、「生」です。原料の製造工程から加工工程まで一切の熱を加えずに作り上げている技術こそがKISLipの凄さです。 生ビールの後は「生酵素KISLip」をお試し下さい!

商品の購入はこちら

この記事を書いた人

KISLpスタッフの写真

KISLipスタッフ

酵素をこよなく愛し、酵素の良さ、大切さを、日本と世界に発信しています。

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

【お試し】KISLip キスリップ / 3個セット

二日酔い キスリップ

2,139円(税込)+送料300円