そうだ、京都に行こう。京都の豆腐はなぜ美味しいのか。

京都2

その秘密は、土や小石を潜り抜けたおいしい水にあった。


豆腐は水が命と言っても過言ではないのです。

豆腐の80%以上は水なのです。京都は、桂川、賀茂川、高野川が流れている盆地であるため、小石や土を潜り抜けた水を京都の人たちは湧き水や地下水から汲み取ることが出来ています。

京都

日本人が飲んでいるのは軟水なので、豆腐を軟水で作ることで日本人に合う味になり、またマグネシウムやカルシウムを含む硬水とちがって、大豆のたんぱく質を固めない為、なめらかな食感になるのだそうです。

なのでミネラルウォーターでは再現不可能だそうです。

美味しい豆腐を作る上では、美味しい水がなくては作ることが出来ないのだが、そもそも小石や土を潜り抜けた水は、きれいなのだろうか。

「土壌浄化」という言葉を聞いたことありますか?土壌にはたくさんの生き物が生きているのです。

目に見えないもので言うと菌類や、細菌類などの微生物です。
この微生物が活発に動くことで、汚水をろ過する働きをしています。

KISLipの主成分であるN-ZYMEもマングローブの群生地帯を通過することで川から流れてくる毒素を分解する浄化力に着目し、ここに生息していた微生物を長年研究してきました。

その結果、人間の体にやさしいサプリメントとして開発されたのです。

微生物は、私たちの体の中の浄化にも、力を貸してくれている小さな生き物なのです。

KISLipに含まれる微生物は、こちらを見てくださね。

ペディオコッカス

バチルス アミロリケファシエンス

ピチア ファリノサ

デッケラ アノマラ

ラクトバチルス

アセトバクター アセチ

 

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら