胃腸が弱くてプロテインを飲むと胃もたれする|消化酵素から解決策を考える

image

プロテイン飲み過ぎても吸収されなきゃ意味ない

学生時代プロテインを飲んでいた時から聞いたことがあります。

「あまり大量に飲み過ぎても意味ないんだよ」と・・・

でもあまりの練習量の多さに、そんなことお構いなしに「早く回復してくれー」と思いながら飲んだこともあります。

 

実際の所はどうだと思いますか?

私は個人差によると思っています。

消化、吸収が得意な人もいれば苦手な人もいる。

さから個人差によって吸収できる幅は変わってくると思っています。

なぜなら、胃腸が弱い人は消化、吸収能力が弱いので吸収力に限界がでて当たり前だと思いますし、プロテインの中にもカゼイン、ホエイプロテイン、ペプチド、アミノ酸とあるように、すべて同じプロテインです。違いは分子の大きさです。カゼインを最大限分解していくとアミノ酸になります。つまり、消化の事を考慮して商品化が進んでいるということです。

プロテインの吸収にはプレーヤ自身もそうですが、プロテインメーカーもまた意識しているポイントなんです。

だから、個人によっても消化吸収できる量には差があり、プロテインの商品によっても差があるということは容易に想像できます。

 

お腹が弱い人が吸収率を上げるにはどうすればいいの?

「ビタミンB6を摂りなさい」と言われたことありませんか?

ビタミンB6はタンパク質やアミノ酸を分解する時に使用される補酵素です。

だから、ビタミンB6を摂って消化をサポートしよう!ってこと!

ここで大切なのは

ビタミンB6があったとしてもタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)がなければ意味がありません。

私達はプロテアーゼとビタミンB6がくっついて始めてタンパク質を分解してくれます。

つまり、大切なのは酵素とビタミンを摂ること!

ただでさえ、胃腸が弱く、分解能力にかけている状態(酵素不足)で

ビタミンB6を摂取したところで意味がありません。

だから、酵素を補って上げることが、消化、吸収を高めるポイントだと思いませんか?

 

胃腸が弱い人は腸内環境を清浄化させ、酵素を摂る

吸収率をもっと上げたいなら、タンパク質と一緒に酵素を摂ることです。

と同時に、腸内環境を良くしていくことで消化がUPしますので

吸収も必然的にアップしてきます。

 

一度「消化」からプロテインを見つめてみても良いかもしれません。

 

それでは

もっと素敵な明日へ!

もっと輝く未来を!

 

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら