アルコール・アセトアルデヒドを分解しているのは酵素

 

飲酒時、体内でアルコールがどのように分解されているか知っていますか?

肝臓がアルコール分解に関わっているということは何となくわかっているけど、詳しい仕組みはわからないという方が多いと思います。

しかし、アルコールが何によってどのように無害なものに分解されるのかということを少しでも知っていれば、飲酒時に体に負担がかからないように気を付けることやケアすることが出来き、お酒と上手にお付き合いができるヒントにもなると思います。

特にアルコールを飲んだ時に注意したいのが二日酔いや吐き気、頭痛、アジアンフラッシュを引き起こす、有害物質アセトアルデヒドです。

そこで、今回はアルコールの分解について、有害成分アセトアルデヒドの分解と併せてご紹介します。

 

アルコールとアセトアルデヒドを分解する酵素の働き

アルコールやアセトアルデヒドは酵素によって分解されています。

体内に入ったアルコールは肝臓でアルコール脱水素酵素アセトアルデヒド脱水素酵素という2つの酵素によって分解され酢酸塩(アセテート)に変わり、最終的には水と二酸化炭素になって体の外に排出されます。

アルコール代謝の流れ

アルコール脱水素酵素とアセトアルデヒド脱水素酵素という分解酵素の働きによって初めてアルコールやアセトアルデヒドは分解されるのです。

「この2つの酵素を沢山持っていたい!!」

誰もがそう思うと思います。

しかし、この飲酒時に欠かせない2つの酵素の能力には個人差があり、その個人差は、生まれた時から遺伝子によって決まっています。分解酵素を持っていればお酒は強く、持っていないもしくは不活性の場合、お酒に弱い体質になります。

 

つまり、、、

アルコールを分解しているのはこの2つの酵素なので、様々なサプリメントやドリンクを使って、いくら肝機能を促進させても酵素を持っていなければ酵素は生まれず、分解できず、二日酔いや悪酔いの原因でもある有害物質アセトアルデヒドが体内に残ってしまいます。

また、飲み過ぎたり飲酒のスピードが速いと分解が追いつかず、体内にアセトアルデヒドが長時間ある状態になってしまいます。

アルコールとアセトアルデヒドの分解には酵素が不可欠なのです。

 

自然界にあるアルコールとアセトアルデヒドを分解する酵素

肝細胞にあるアルコール脱水素酵素とアセトアルデヒド脱水素酵素は、酢酸菌からも産出されます。

酢酸菌は酵母菌から作られたアルコールをアルコール脱水素酵素とアセトアルデヒド脱水素酵素によって酸化させ、酢酸にする働きがあります。

肝臓でアルコールが無害なものに変わる仕組みと同じですね。

 

 

大切なのは酵素

アルコール分解には酵素が必要ということがわかっていただけたでしょうか。

お酒が弱い人はもちろん、弱くない人も、飲酒時に「酵素」を意識して対策してみてはいかがでしょうか?

健康に楽しく飲むお酒が一番ですよね!

是非参考にしてみてください。

 

 

商品の購入はこちら

キスリップをいいね!して最新情報を受け取る

キスリップをフォローして最新情報を受け取る

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでます。

この記事を書いた人

KISLpスタッフの写真

KISLipスタッフ

酵素をこよなく愛し、酵素の良さ、大切さを、日本と世界に発信しています。

酵素とは

  • 酵素とは
  • お酒は酵素で処理される
  • ウコンより酵素の時代
  • kislipとは

商品の購入はこちら

【お試し】KISLip キスリップ / 3個セット

二日酔い キスリップ

2,139円(税込)+送料300円